浮雲心霊奇譚シリーズの単行本、文庫本など神永 学の著作をご紹介。

浮雲心霊奇譚シリーズ

シリーズ最新刊

  • 浮雲心霊奇譚 菩薩の理
    浮雲心霊奇譚 菩薩の理

    とある呉服問屋に死んだ娘の幽霊が出没。棺桶に入れたはずの櫛が見つかり、墓を掘り返したところ、亡骸が消えており!?(「死人の理」)首なし地蔵が仇を討つ。そんな伝承がある村で、八王子千人同心の男が幽霊に憑依された。近藤勇からの依頼で現地へ向かう浮雲と八十八だったが……!?(「地蔵の理」)夜毎、無数に現われる赤子の霊におびえる男。憑きもの落としに関わった浮雲は、その背後に妖しげな人物の邪気を察知し……!?
    (「菩薩の理」)
    無敵の少年剣士、宗次郎登場! 謎の呪術師、暗躍!新たな魅力に溢れる充実の3編収録!!

    発売日 2017年02月24日

    定価1,200円(税別)

シリーズ詳細はこちら

単行本(集英社) 

  • 浮雲心霊奇譚 菩薩の理
    浮雲心霊奇譚 菩薩の理

    とある呉服問屋に死んだ娘の幽霊が出没。棺桶に入れたはずの櫛が見つかり、墓を掘り返したところ、亡骸が消えており!?(「死人の理」)首なし地蔵が仇を討つ。そんな伝承がある村で、八王子千人同心の男が幽霊に憑依された。近藤勇からの依頼で現地へ向かう浮雲と八十八だったが……!?(「地蔵の理」)夜毎、無数に現われる赤子の霊におびえる男。憑きもの落としに関わった浮雲は、その背後に妖しげな人物の邪気を察知し……!?
    (「菩薩の理」)
    無敵の少年剣士、宗次郎登場! 謎の呪術師、暗躍!新たな魅力に溢れる充実の3編収録!!

    発売日 2017年02月24日

    定価1,200円(税別)

  • 浮雲心霊奇譚 妖刀の理
    浮雲心霊奇譚 妖刀の理

    時は幕末。動乱の世を背景にした様々な怪事件を、一人の「憑きもの落とし」が人知れず解決へと導いていた。その男の名は「浮雲」。男が目に赤い布を巻いているのは、「死者の魂」を見据える「赤い瞳」を隠すためだった――。

    夜道で辻斬り事件に遭遇した武家の娘・伊織。その時、異様な殺気を放つ男の幽霊を見てしまい……!?(辻斬の理)祟りがあると噂の幽霊沼。とある目撃者が憑きもの落としを望むが、事態は思わぬ方向へと転がり……!?(禍根の理)妖刀・村正による惨劇の場に居合わせた絵師・八十八。事件の背後に、浮雲の宿敵である呪術師・狩野遊山の影を見て……!?(妖刀の理)
    連作短編、3編収録!!

    発売日 2016年01月26日

    定価1,200円(税別)

  • 浮雲心霊奇譚 赤眼の理
    浮雲心霊奇譚 赤眼の理

    絵師を目指す八十八の前に困った出来事が起きた。姉であるお小夜が幽霊だか妖怪だかにでくわして、以来、奇妙な行動をとるようになってしまったのだ。
    困った八十八は、人の噂を辿って、憑き物落としの名人という男に会いに行く。
    その男の第一印象は強烈で、肌が異様に白く、両眼を覆うように赤い布を巻いていた。
    死者の魂が見えるという破天荒な男に惹かれ、八十八は共に数々の事件に関わっていく――。

    発売日 2014年11月26日

    定価1,200円(税別)

Top