殺生伝シリーズの単行本、文庫本など神永 学の著作をご紹介。

殺生伝シリーズ

シリーズ最新刊

  • 殺生伝<三> 封魔の鎚
    殺生伝<三> 封魔の鎚

    九尾の狐の怨念が込められた殺生石を砕く「封
    魔の鎚」を求め、旅を続ける一吾たち。一行
    は山本勘助が放つ追手をしのぎながら、やっ
    との思いで封魔の鎚が眠る那須岳に辿り着く。
    だが洞窟で待ち受けていたのは、見たことも
    ない異形の魔物たちだった。そして一行に迫
    る百足衆の頭領・黒丸の目的とは――。

    発売日 2017年12月06日

    定価580(税別)

シリーズ詳細はこちら

単行本(幻冬舎刊) 

  • 殺生伝 疾風の少年
    殺生伝 疾風の少年

    辺境にある志賀城は、武田の軍勢に包囲されていた。
    武田の狙いは、城ではなく、九尾の怨念のこもった殺生石だった。
    志賀城の姫、咲弥は、武田から殺生石を守るため、従者の紫苑と城を抜け出すのだが、
    山賊に襲われ、谷底に転落してしまう。
    そんな咲弥を助けたのは、一吾という少年だった。
    一吾と触れ合い、束の間の休息を得たかに思えた咲弥だったが、
    すぐそこに武田の放った忍びが迫っていた……。

    発売日 2013年06月12日

    定価1,200円(税別)

文庫本(幻冬舎文庫刊) 

  • 殺生伝<三> 封魔の鎚
    殺生伝<三> 封魔の鎚

    九尾の狐の怨念が込められた殺生石を砕く「封
    魔の鎚」を求め、旅を続ける一吾たち。一行
    は山本勘助が放つ追手をしのぎながら、やっ
    との思いで封魔の鎚が眠る那須岳に辿り着く。
    だが洞窟で待ち受けていたのは、見たことも
    ない異形の魔物たちだった。そして一行に迫
    る百足衆の頭領・黒丸の目的とは――。

    発売日 2017年12月06日

    定価580(税別)

  • 殺生伝<二> 蒼天の闘い
    殺生伝<二> 蒼天の闘い

    殺生石を砕く力を持った「封魔の鎚」を探すため、那須岳に向かうことになった咲弥たち一行。
    自らの力の無さを悔やみながらも、彼女を助けるためにその後を追う一吾。
    それぞれが試練に立ち向かう中、山本勘助の人ならざる力により、休む間もなく窮地に追い込まれる!
    妖魔が蠢く絶体絶命のピンチを切り抜けられるか?

    発売日 2016年07月07日

    定価650円(税別)

  • 殺生伝<一> 漆黒の鼓動
    殺生伝<一> 漆黒の鼓動

    時は戦国。甲斐の武田が大軍を引き連れて志賀城を攻めた。
    狙いは、九尾の狐の怨念が宿った殺生石。
    志賀城の姫・咲弥は、殺生石を守るために城を抜け出すが、山賊に襲われて、谷底に転落してしまう。
    そんな彼女を助けたのが、山奥に住む一吾という少年だった。
    妖魔の追手が迫る中、ついに闘いの火蓋が切られる!!

    発売日 2016年07月07日

    定価650円(税別)

Top